ネジカプラー(機械式継手)の特長

1. 機械式継手とは

  • 溶接しないで、カプラーで鉄筋をつなぐ継手です。
  • カプラーはつなぐ鉄筋と同等の強度を有します。

2.梁TRスキップ工法

  • この工法を適用することにより、一般の機械式継手に比べて主筋をRC部材の外側に寄せることができるため、構造性能の確保が有利になります。

3.ネジカプラー・ハイテンカプラー

  • ネジバーのねじ状の節を生かした高性能な機械式継手です。
  • 材質は高品質なオーステンパー鋳鉄製品ですので従来工法に比べ高性能・高強度です。
  • ねじ締めの要領で鉄筋をつなぎ、さらにグラウトで固定する継手方式なので、引抜きに強く、安定した性能を発揮します。

4.用途に応じたカプラー固定用グラウト材

  • カプラーは普通強度用(ネジカプラー)、高強度用(ハイテンカプラー)、打継用(タイプJ)をご利用いただけます。
  • グラウト材は、スピーディー施工用に有機グラウト固定式、耐火性能が必要な場合に無機グラウト固定式をご利用いただけます。

5.簡単・安全・スピーディ施工

  • 大かがりな機械が必要なく、熟練した高度な技術の必要もないため、技術や設備に左右されずに誰でも安全で簡単に施工ができ、均一な性能を確保できます。

6.エルゴノミクス・デザイン

  • ネジカプラーは転がりにくく、つかみやすいoctagon(8角形状)に加え、フープ結束線用の溝を設けています。円筒形状や溝のないタイプに比べ、施工効率アップが期待できます。
カプラー(有機)評定書:PDF(約336KB) カプラー(無機)評定書:PDF(約332KB)